沿革

年  月 事  項
明治40年12月 小名浜馬車軌道が泉~小名浜間に開業、軽便馬車軌道で塩・魚輸送と共に旅客輸送を開始
大正04年06月 資本金10万円を以て磐城海岸軌道(株)を設立し、小名浜~江名間で営業開始
昭和14年06月 泉~小名浜間の軌道を地方鉄道に変更し、同時に商号を小名浜臨海鉄道(株)に改称
昭和16年11月 軌道営業を廃止、地方鉄道の営業を開始
昭和21年05月 小名浜~江名間鉄道敷設免許権を取得、同年10月磐南臨海鉄道(株)(のちに江名鉄道(株)に改称)に同免許を譲渡
昭和30年01月 一般区域貨物自動車運送事業の免許を受け、同年5月営業を開始
昭和35年11月 普通・小型自動車分解整備事業を営業開始
昭和39年01月 船舶代理店業を開始
昭和39年11月 福島県経営に参加
昭和41年10月 日本国有鉄道経営に参加
昭和42年04月 社名を福島臨海鉄道(株)と改称
昭和44年11月 資本金を4億3千万偃に増資
昭和45年05月 指定自動車整備事業免許取得(大型~小型)
昭和47年10月 旅客営業廃止
昭和58年06月 国鉄私有貨車検修業務の受託
昭和62年04月 国鉄の分割民営化により日本貨物鉄道(株)が出資株式を継承
平成03年12月 旧通運事業法15条の免許確認を受け(3.5.10)、貨物運送取扱事業の取扱を開始
平成06年12月 日本貨物鉄道(株)水戸機関区から列車検査業務を受託し、水戸・日立派出所を開設
平成08年06月 コンテナ検査修繕整備場完成
平成11年04月 トラックスケール開始
平成11年04月 JR日立駅・JR高萩駅貨物営業入換業務の受託
平成11年07月 JR東日本からパーク&ライド管理事業の受託
平成12年06月 産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成16年04月 JR水戸・友部駅貨物入替業務受託
平成18年10月 鉄道部運輸マネジメント作成
平成19年10月 (株)福島臨海システムを合併
平成20年10月 自動車部運輸安全マネジメント作成
平成23年3月 東日本大震災に伴う大津波により被害甚大
平成24年2月 小名浜駅構内が復興し全線開通に伴い「小名浜駅コンテナ列車出発式」を開催
平成25年12月 小名浜港背後地震災復興土地区画整理事業起工式・安全祈願祭
平成27年1月 小名浜新駅開業、宮下駅廃止
平成27年1月 小名浜新駅コンテナ列車出発式